画像を統合して困った!白を透明にする方法!!

みなさんこんにちは。
Alut(@alut_123)です!

今日は、線画作成途中だったけど、“間違えて画像を統合して保存してしまった!”“白だけ透明にしたい!”と言った場合に、役立ちそうな方法について記事を書いていきます。個人的に初めて知ったので、自分の備忘も兼ねてます。(笑)

若干応急処置的な位置付けなので、これでなんとかなったら運がよかったぜ!位に思ってくださいね・・・

使用ソフトとバージョンは以下になります。クリスタ であればバージョンが違っていてもきっと同じことができると思いますので、参考にしてみてくださいね!

使用ソフトとバージョン:CLIP STUDIO PAINT PRO Ver1.9.0

 

白抜きしたいってどんな状況??

いろいろ状況は考えられますが、自分の場合は、作成途中のイラストについてなぜかもとの.clipファイルがなくて.jpgファイルしか残ってませんでした。まだ、線画が終わったばかりで塗らなきゃいけないから、背景の白を透明にしたいって状況でした。

ちなみに、記事の記載としては“白”と記載してますが、白以外でも単一の任意の色でも同様の処理が実施できます。

白抜きする方法

白を透明色にするには以下の方法でできますよ〜

1.[レイヤー]パレットにて該当のカラーレイヤーを選択

2.[選択範囲]メニュー→[色域選択]をクリック

3.色域選択ダイアログが表示されたら、選択タイプに[新規に選択]を選択。
  [色の許容誤差]を調整後、キャンバス上の白で描画されている部分をクリックし、[OK]。

4.白で描画されている部分に選択範囲が作成されたことを確認し、[編集]メニュー→[消去]をクリック

5.白部分が透明になることを確認

記載した方法について、細かい流れを画像付きで説明してみたので、よかったらみてってください!
※説明画像については、.jpgファイルで処理を実行

1.[レイヤー]パレットにて該当のカラーレイヤーを選択

2.[選択範囲]メニュー→[色域選択]をクリック

3.色域選択ダイアログが表示されたら、選択タイプに[新規に選択]を選択。
  [色の許容誤差]を調整後、キャンバス上の白で描画されている部分をクリックし、[OK]。

4.白で描画されている部分に選択範囲が作成されたことを確認し、[編集]メニュー→[消去]をクリック

5.白部分が透明になることを確認

以上が、白→透明にする方法になります!

割と綺麗に白→透明になってますね!ただ完璧ではないので、細かい部分はやはり手で直接補正してあげる必要はありますが・・・

※CLIP STUDIO PAINT さんの公式QAページ を参考
http://www.clip-studio.com/clip_site/support/request/detail/svc/54/tid/69187

こんな感じでやっていただければ、白抜きができるとおもいます!
ちなみに、[色の許容誤差]の値を小さい値にするほど、消去対象の色(今回は“白”)と認識される色の幅?が狭くなります。

おまけ

ちなみに、白色でなくとも単一の色であれば任意の色を一括で透明にすることもできますし、ペン入れの線とラフの線を違う色で描いている場合は、“ラフの線だけを消す”といったこともできますよ〜

白以外の単一色→透明色へのやり方

白以外を透明色の対象とする場合は、先に記載した流れの3の部分で、消したい対象の色を選択してあげるだけでOKです。それ以外はやり方は一緒になります。

※下の例だと、魔女の紺色部分を選択しています。

ラフ線だけを消す方法

ラフ線を消したい時も方法は同じですが、ペン入れと同じ色で描かれている場合は残念ながらこの方法ではできないです・・・

なので、あくまでも違う色で描画されている時に使える方法となります。また、画像を撮り忘れたのですが、ラフ線だけを消す方法では、ラフ線の描画→透明色とすると、そこだけ透明になるので

ラフ線の描画→透明色→背景色(白)で塗り潰し

と行った手順を踏んでます。若干過程が吹っ飛んでる部分がありますが、お許しを・・・(汗

ここで透明色→塗り潰し(白)をしてます。あと、記事書いている途中で気付きましたが、おそらくここの手順は

透明色→白で塗り潰し

の手順は不要で、選択範囲が意図した範囲で選択されていることが確認できたらすぐに塗り潰し(白)をしてしまえば良いと思います。(間で透明色にする手順を挟む必要はないですね。。。。)

これでラフ線が消えましたね!!やった!

最後に

白(単一色)→透明色と応用してラフ線を消す方法について説明してみました!

今回は全てのレイヤーが統合された状態(.jpgファイルを直接使ったので)でやってみましたが、普通に一部レイヤーが統合されてしまった状態でも使えるので是非試してみてくださいね!
少しでも皆様のお絵描きライフが充実しますように〜( ^ω^ )